【看護師転職】訪問看護師への憧れと決断。総合病院勤務を経て在宅の現場に!

【看護師転職】訪問看護師への憧れと決断。総合病院勤務を経て在宅の現場に!【体験談】

はじめに、この記事は私の体験談を紹介させていただく内容となっています。
私の体験談が少しでも誰かのためになれば幸いでございます。

 

総合病院で働くなかでの心境の変化、そして訪問看護師への憧れ

私は小さい頃から看護師になりたいとずっと思っていました。

 

当時は看護師=病院やクリニックで働くというイメージしかありませんでした。
なので当時は病院に就職してずっとそこで働くのだと思っていたのです。

 

無事に念願だった看護師の免許を取得して総合病院に就職しました。
総合病院の看護師として他部門の職種の方とも働いていく中で、看護師は在宅の分野での看護サービスを提供する事が出来る、つまり、訪問看護師として違う分野でも活躍できるという事を知りました。

 

私は訪問看護師として違うフィールドで活躍したい、そして自分自身が在宅の分野で役に立つお仕事がしたいと思うようになりました。
私は心の中で徐々に訪問看護師に憧れていっていたのです。

 

在宅でしか出来ない看護、それは患者さんや家族さん達とじっくりと向き合う事ができる。その大切を日頃から感じていました。
在宅だから行える看護があるという事を学んだのは訪問看護師の研修会や勉強会でした。

 

私はますますと興味を持ち、休みの日にはそれらの研修会や勉強会に参加するようになりました。
私の頭の中は訪問看護師として働いている姿でいっぱいでした。

 

最初は早く病院を抜け出して訪問看護の現場に!と思って先走っていた自分がいました。
そうなって来ると仕事に打ち込める気力がなくなってしまうのが明らかに自分でもわかったので、病院勤務のうちは日々勉強。

 

すべては訪問看護の分野で働くための経験である。
そのように思考を転換する事によって、不思議な事に自然とシフトチェンジ出来るようになっていました。

 

 

訪問看護師になる前に総合病院で働く事のメリット、私の退職の流れについて

私個人的に総合病院で働くうえのでのメリットは看護師としての土台を築きあげる事と患者さんが入院してきてから退院までの流れをしる事ができる事ではばいでしょうか。

 

そのなかでケアマネージャーや医師、リハビリ専門職、ヘルパーなどの方とも退院のカンファレンスで情報を共有したり、どのようなサービスや関わりが必要なのを患者さん、その家族さんなどと話し合います。
この流れを経験出来る事はとても貴重ですし、必ず訪問看護の分野でいかされると強く思います。

 

 

私は職場の方々や上司には訪問看護に興味があり転職したいと思っているという事は伝えていませんでした。
私はそのとき2年目の看護師で若手、まだ完全に信頼を獲得できていない状態だったのでなかなか周りに言える状況ではありませんでした。

 

しかし、目標は決まっていたのここの病院でとことん学んでやるんだ!という強い気持ちで働く事ができました。

 

ありとあらゆる仕事に積極的に取り組みました。

 

それは通常の看護業務に限らず看護企画の運営や研修会の準備に限らずです。

 

早く一人前の看護師になって認められたい。訪問看護の分野にその状態でいきたい。
その気持ちが消える事はありませんでした。

 

退職のきっかけはある程度の業務はこなせるようになり、職場のスタッフや上司とも信頼関係が築き上げられてきたからです。
そのときは4年目が終わったときです。
そして、日々の忙しさがあり、体調がすぐれない日が続いた事がありました。

 

その事も重なり、もともと経験を積んだら転職しようと決めていたので、タイミング的には今しかない!と退職をする決心が付きました。

 

上司と話しを行いました。上司は私の考えを受け入れて下さり、働きながら転職活動を行う事も許されました。


どのような方法で転職活動を行ったのか?私のおすすめの転職活動

結論から先に言うと、私は転職サイトを利用して転職活動を行いました。私は転職サイトを利用したおかげで現在の職場の訪問看護ステーションに巡り会う事が出来たのです。

 

私は最初、転職サイトに登録していませんでした。自力で自分が働きたいと思う求人を探していました。

 

もちろん、転職サイトの存在を知ってはいたのですが、転職サイトで求人を見つけるという頭が私にはなかったのです。
なので、自然と選択肢に中から外れていました。

 

病院の業務が忙しい中、自分自身で新たなに職場を探す事は困難性をしめしました。
自分が希望する条件にあてはまる訪問看護ステーションでのお仕事の求人がなかなか見つかりませんでした。

 

そのような状況が続き、思うように転職活動がいかなくて新しい職場はこのまま見つかるのだろうか?
という不安な気持ちも芽生えていました。訪問看護師として働きたいのに思うように良い求人が探せない。

 

心が折れかけていたそんなとき、いつものようにスマホで訪問看護ステーションの求人を探していたら、転職サイトが私の目の前に入ってきました。
いつもならあまり考えずスルーしていたのかもしれませんが、その時は直感的にすぐに登録しました。

 

転職サイトに登録したのは正解でした。自分では見つける事のできなかった求人が複数でてきたのです。
これなら早く登録しておけば良かった!そのように思えました。職場の雰囲気、環境、通勤時間、給与体制など自分が納得する求人内容をまず手に入れた事が嬉しかったです。

 

贅沢な悩みですが、私は転職サイトの担当者にアポイントメントを取って話しを聞いてもらいました。
とても親身になってお話を聞いていただきました。最終的に希望する求人の看護ステーションでの面接にたどりつきました。

 

とてもスムーズな流れでした。とても光栄な事に内定もいただきました。
そこの訪問看護ステーションは私が最も理想的な職場環境だなと思っていたので内定をいただきとても嬉しい気持ちになりました。

 

もし、転職活動をされていて、転職サイトに登録していなければすぐに登録をする事をおすすめします。
私は少しばかり遠回りをしてしまったので後になってから、早く登録しとけばなと思っています。
晴れて訪問看護師としてのキャリアをスタートする事が出来ました。


 

 

おわりに。そして訪問看護師として働く充実感

私は現在、訪問看護師として働けている事に充実感を感じています。
憧れていた在宅の分野である訪問看護師として働けている事はもちろんのことですが、病院勤務と比較して業務に追われる忙しい日々、病棟のややこしい人間関係から解放された感じがします。

 

病院勤務の時は看護以外の業務、書類作成での残業は当たり前でした。
今はそのような事はありません。精神衛生的のも良好です。

 

病院勤務のころはどんなに頑張っていても身も心も疲弊する事がありました。
無理矢理自分を押し殺してはここまできたので知らず知らずストレスにもなっていたのだと思いました。

 

病院勤務のあの状態がある種当たり前と思っていた部分もあるのだと思います。

 

訪問看護師は事業所から自転車やバイク、自動車を利用して伺います。

 

その時間も私は嫌いではありません。
気分転換にもなるのです。

 

今の職場では自分のペースは大事にできるのでとても働きやすいです。
また、訪問看護ステーションの上司やスタッフは優しい方ばかりです。訪問看護未経験なわたしに優しく教えて下さります。

 

また訪問看護でしかできない看護のやりがい、ポリシーなども教えて下さりますし、何より私が求めていたものがそこにあるので、目指すべき看護や、場所の共有もばっちり出来ている環境です。
あらためて良い訪問看護ステーションに転職できたと思っています。

 

この記事は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

少しでも誰かの役に立つ事が出来たのならば幸いでございます。
転職活動は大変であると思いますが、あなたの転職活動が良い結果を結ぶ事を祈って終わりとさせていただきます。

 

あらためて最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。